C-Fringe

音源作品「雨の戯曲」

雨の戯曲

 

幸せな者に限って それがどこにあるかを知らない

どうやら神様は とかく皮肉というものが好きらしい

少年はひとり はきだまりの路地裏でその身を縮めて

温かな家族風景を眺めている

 

ああ くだらないや

胸を締めつける感情から 思わず逃げ出した

 

dear レイニーブルー 降りしきる雨よ

目に映る世界を かき消して

そうだ 手に入らないのだったなら

見えない方が よっぽどいい

 

 

感情は1度見つけた人間を手放なしはしない

望まずとも心の奥に その居場所を作ってしまう

少年は握りしめている いつか読んだ物語のページ

叶わないもしもの話を 繰り返して

 

ああ 止まらないや

胸を詰まらせる感情から 再び逃げ出した

 

dear レイニーブルー どしゃぶりの雨よ

砂の城なんて 洗い流して

まやかしに寄りかかってしまう前に

もう全て 崩れてしまえ

 

少年は雨を追いかける 幾度も雨の中へと逃げ込む

感情に湧き出るすき間を与えないように

望まずにあげられた舞台 振るまい方も何もわからずに

演じる雨の戯曲

 

 

ああ 雨にまぎれて 頬を伝った雫が

心に溜まっていたみたい

居場所を追われた感情が

今 溢れ出す

 

ああ レイニーブルー 心に降る雨よ

これ以上 耐えられそうもないの

冷たさに震えている僕を

ここから救い出して

 

dear レイニーブルー 皮肉な雨よ

その叫びすら かき消してしまったの

少年に 誰も気づくことはなく

ただ雨が 降り続いていく

次へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2017 C-Fringe

テーマの著者 Anders Norén